マンション購入のためどうしてもお金が必要だった

結婚が決まり、新居にマンション購入を希望しておりましたが当時数社の金融会社にて借金がありました。借金の合計は金融会社合わせて約230万もあり、とても住宅ローンの審査が通る状況ではありませんでした。

だめもとでお願いしたのが友人でも会社の後輩でもあるS君。

彼は倹約な人間で貯蓄額推定約1000万。結婚のご祝儀で出来る限り返済するという条件で230万全額借金の申し入れを行いました。

続きを読む

お金を借りて遊び回る 本当にどうしてもお金が必要でした?

昔はさ、窓口で直接やりとり。今はネットで簡単に初心者は借りれるんだろうけど。

目の前でさ、会社に電話するし、威圧的なんだよね、早く貸せよって思いながら、ずっと辛抱。

だいたい、金を借りる奴って、後々のことを考えてないよ、俺もそうだったけどさ。

業者に電話すると「はい、〇〇です」って出ないよ、「もしもし」だから。

続きを読む

ブラック企業に転職・倒産でどうしてもお金が必要だった

結構前の話です。当時私は新進気鋭のベンチャー企業でエンジニアとして働いていました。

それまではいわゆる大企業でバリバリ活躍していたのですが、スカウトされて給料に釣られて転職したと言うわけです。しかしベンチャー企業特有の資金繰りの悪化により、わずか半年で職がなくなってしまいました。まあ自業自得と言う感じですが、今考えれば本当に先見の明がなかったと思います。

さて、仕事はなくなっても家賃や光熱費の支払いはやってきます。

私の住んでいたマンションはベンチャーに入社した時に入居したところで、家賃は何と二十万もしました。

続きを読む

プチ整形のためのお金を親から借りる

私は20代の時に目を二重にするためのプチ整形を受けるために親から20万円お金を借りました。

小さい時から一重の目がコンプレックスでいじめられる事もありました。

でもやっぱり親からもらった体にメスをいれる整形という行為をどうしても受け入れられなかったのですがある時母親がもし目整形したいのだったらお母さんがお金貸してあげるから心配しないで受けたら良いよと言ってくれました。

続きを読む

脱サラ起業も失敗 多額の借金を親にお金を借りて返済

私は脱サラして事業を立ち上げてのですが、それが失敗して借金を負いました。

もともと、私はお堅い職に就いていて安定収入を得ていました。

しかし、収入は安定しながらも、仕事はとんでもなくつまらなくて、そんな毎日が嫌になってしまったのです。

収入が安定していたため、貯金もそこそこあり、ここらで一発勝負しようというと気になって、脱サラしてラーメン屋を始めました。

私自身、ラーメンが好きなのですが、単なるラーメン好きなだけで、ラーメン屋が上手く回せるわけがありません。

案の定、私は大きな借金を残して、お店をたたむことになりました。

続きを読む

楽天カードのキャッシングでお金を借りる 気づけば多重債務に

私は大学を出て一般の会社に就職しましたが一人暮らしをしていたため若手の安月給ではやっていけず、しかもその当時ギャンブルにハマッてしまい生活はいっぱいいっぱいでした。

悪いことは重なるもので、当時事故を起こしてしまい、しかも保険に加入する、お金をケチっていたため、多額の賠償金を払うハメになってしまいました。

そうなると生活が立ち行かなくなります。

そのため、当時持っていた楽天カードのキャッシングで20万円を借りて急場を凌ぎました。

続きを読む